ゆうしんブログ

「冬の古民家で きりたんぽ」

里の家

2月12日(日)

ワイワイつくる楽しみ、

古民家のふんいき、

自分たちでつくったきりたんぽ鍋は、きっと何より美味しく感じられます。

国の登録有形文化財にも指定されている里の家では、

どなたでもきりたんぽづくりの体験が行えます。

【きりたんぽづくり体験、10名様より ※講師の先生がお教えいたします】

「きりたんぽづくりの体験」

里の家

1月29日(日)

築130年の古民家、里の家。

ここではきりたんぽづくりの体験が、

どなたさまでも体験することができます。

お米をこねてつくる楽しみ。

いろりで焼く楽しみ。

それをみんなで味わう楽しみ。

ごくごく一般的な材料でつくるきりたんぽ鍋が、

より美味しく感じられる

昔のお家がかもしだす雰囲気を、

ぜひ味わっていただければと願います。

【きりたんぽづくり体験(鍋とうどん) お一人様¥2,160】

※講師の先生が作り方をお教えします。ご予約は10名様より。

冬空

里の家

冬の晴れ間

幻想的な青い空がひろがります。

写真中央に見えるのが古民家、里の家。

元々は、目の前を流れている雄物川の川向うにあった建物。

それをバラして、運んで、また組み立てた

築130年のお家です。

「里の家」

里の家

どなたでもきりたんぽづくりの体験ができる古民家、里の家。

白い雪が似合うかやぶき屋根

足を踏み入れて感じる匂い

築130年のたてものがかもし出す空気感を

ぜひ味わっていただきたいと願います。